事務局からの過去のお知らせ

事業仕分け対象事業「競争的資金(若手研究者育成)」についての意見書

平成21年11月20日 酵母遺伝学フォーラム会長 太田明徳

「酵母遺伝学フォーラム」はわが国の酵母研究を推進する中心的な研究会であり、大学他の研究教育機関に約500名近い会員がおります。私どもフォーラムは若い研究者・学生が切磋琢磨する場として研究会を開催し、わが国の生命科学を担う優秀な研究者を育てて来たと自負しております。酵母は生命科学分野の基礎研究の対象として、また、産業生物として重要であり、高度な生命科学研究の入口として魅力ある存在であり、多くの若い研究者を惹きつけております。

この度「行政刷新会議」の事業仕分け対象事業として項目「競争的資金(若手研究者育成)」の(1)科学技術振興調整費(若手研究者養成システム改革)(2)科学研究費補助金(若手研究(S)、(A)、(B)特別研究員奨励費)(3)(独)日本学術振興会事業(特別研究員事業)について、予算要求の縮減という評決を受けることになりました。このことは、多くが生命科学研究を志す真摯な大学院生であり、また、助教、PDである当フォーラムの会員にとりまして、まことに大きな影響及ぼすものと懸念せざるを得ません。

(1)の若手研究者養成システム改革は博士課程大学院生、PDなどに新しいキャリアパスを設定しようとするものであり、先の見えない厳しい競争にあえぐ若い研究者に希望を与えるものです。(2)の科学研究費の若手研究と特別研究員奨励費は若い研究者に自立した研究を組織する機会を与え、生長を促そうとするものであります。さらに(3)の特別研究員の事業こそ大学院学生に自らの能力に対する自信と将来を賭けて研究に挑戦するエネルギーの源となるものです。これらの予算要求に対する縮減という厳しい評決は、彼らを萎縮させるばかりか、教育と研究の改革の意欲をも削ぐものでもあり、わが国の科学技術の発展にとって良いこととは思えません。

もちろん、わが国の研究体制が現状の延長としてあるべきものであるとは考えておりません。国税を有効に使うべく、個々のプロジェクトには厳しい建設的な批判があるべきでると考えております。若手研究者の養成も横並びで良いはずもありませんが、企業も研究者・技術者の雇用をためらう経済の現状では、この度の評決がさらに困難な状況に有望な若手研究者を追い込むことを懸念いたします。

わが国の科学技術の発展に責を負う文部科学省におかれましては、予算の確保に向けて、関係機関の理解を得るため、さらなるご努力をお願いする次第です。

[ 09.11.21 ]


<<前の記事へ 一覧に戻る 次の記事へ>>