事務局からの過去のお知らせ

東日本大震災に関連した酵母遺伝学フォーラムの対応について

平成23年5月25日
酵母遺伝学フォーラム 会長 土屋英子

この度の東日本大震災で被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。酵母遺伝学フォーラムでは、震災に加え関連して起こっております電力供給の不足等で大変ご苦労されておられる研究者、学生の皆様にできる限りの支援を行いたいと思っております。運営委員会で協議致しました結果、まずは以下の2点の支援を行うことと致しました。

(1) 2011年研究報告会参加に関する補助

この度の震災で自宅が全半壊等の被害を受けられた、あるいは主たる生計支持者が死亡されるか失職された学生諸君が、9月開催の研究報告会への参加を躊躇されることがないよう、参加登録に必要な年会費、研究報告会参加費、懇親会参加費を無料に致します。

myukawa at hiroshima-u.ac.jp (atを@に変換して下さい)

(2) 研究者、学生諸君の短期受け入れ支援

被災地域の大学のみならず、電力需要の高まる夏場に、計画停電による影響が懸念される地域の大学等にご所属の研究者、学生の皆さまに対し、これらの方々を受け入れることが可能な研究室等の情報を提供致します。

氏名 所属 受け入れ可能人数 受け入れ期間 宿泊の補助 連絡先 その他
土屋英子 広島大学 2名 7月〜9月 大学として便宜を図ることを決めています。ご相談ください。 etsuchi at hiroshima-u.ac.jp 広島大学では、生命科学研究者以外にも多数の研究者が、受け入れを決めています。詳しくはこちらをご参照ください
上野 勝 広島大学 2名 7月〜9月 大学として便宜を図ることを決めています。ご相談ください。 scmueno at hiroshima-u.ac.jp  
丑丸敬史 静岡大学 2名 8月〜12月(要請があればその後も継続) ご相談ください(大学として便宜を図ることが可能か希望があった時点で大学当局に交渉します)。 sbtushi at ipc.shizuoka.ac.jp 希望時に必要な機器等の御相談を承ります。どうぞお気軽にご連絡下さい。
水野貴之 徳島文理大学理工学部(香川県さぬき市) 3名 特に限定せず 現時点では未定ですが、月二万円程度でクーラー・テレビ・冷蔵庫付きの下宿があります。さぬき市等でも受け入れに対して補助金が出る可能性もあります mizuno at fe.bunri-u.ac.jp スペースはふんだんにあります。ある程度は機器の持ち込みも可能です

受け入れが可能な研究者におかれましては、以下の情報を庶務幹事までメール(myukawa at hiroshima-u.ac.jp)でお知らせ下さい。

[ 11.05.25 ]


<<前の記事へ 一覧に戻る 次の記事へ>>